てくてくレポート 峰山高原 「神河が贈る 極上の冬時間」


IMG_20160206_210826
てくてくレポートです。

以前、きになる5 -023でも少しお知らせさせていただいた、2015年12月17日 〜 2016年3月13日 まで行われてる「神河が贈る 極上の冬時間」というキャンペーンに2016年2月5日・6日で参加してきました!

今年は暖冬で、雪が少なくスキー場などは苦戦されているようですね。
冷夏だとプールが不況だったりと、天気に左右されてしまうレジャーは本当に大変だと思います。

実は、こちらのキャンペーンにも2015年の年末に参加する予定だったのですが、雪が降っておらず雪遊びができないということで、日程を変更していただきました。

少し前に来た寒波で雪もだいぶ積り、その後も積雪がややあったようですが、ここ数日は降っておらず「全然遊べなかったらどうしよー」と少々不安ではありました。
しかしこちらのキャンペーンはスノーボードやスキーなど本格的な雪遊びがメインとなっているわけではなく、「ファミリースノーパーク」というファミリー向けのミニゲレンデと「アイスルータウン」というかまくらを模したテントで食事やドリンクを楽しんだり、「スノーシュー体験」「雪上車体験」などとなっています。

ところどころ地面が見えているヶ所もあったものの、10センチほど積もっている箇所も多く、今回は2歳と6歳の雪遊びがメインだったので、雪だるまをつくったり、ソリをしたりと十分楽しむことができました。

ファミリースノーパークとアイスルータウンの会場は「峰山高原ホテルリラクシア」さんの中庭になっているため、かまくらだけではなく、館内のレストランやトイレなどの施設も使うことができ、レンタルなども充実していました。
スノーパークは有料ですが、移動が楽なベルトコンベア式のリフトや、ふわふわのすべり台などもあり、子どもたちが楽しそうに遊んでいましたよ。

P_20160206_094146

朝や夕方、気温の低い日などは道路の凍結も怖いところですが、寺前駅から1日3便大人200円で利用できるキャンペーンバスも毎日運行しているので、車の装備や運転に不安のある方も安心です。
車利用の方は、寺前駅前駐車場、神河町役場駐車場に停車が可能です。

キャンペーンバスには、神河町のマスコットキャラクター、カーミンが!

キャンペーンバスには、神河町のマスコットキャラクター「カーミン」も。

姫路から寺前駅までは車で1時間ほど。
電車では姫路から播但線で一本、40分ほどです。
姫路・はりまは海も山も、温泉も雪山もあって、本当に豊かなところだなーと感じました。
ゆっくり泊まりがけもいいですし、日帰りでも行って帰ってこれる距離です。
ファミリースノーパークの雪の状態などは、リラクシアさんやキャンペーンのFacebookで確認できるので、思い立ったときに!

日程:
015年12月17日 〜 2016年3月13日

詳細:
神河が贈る 極上の冬時間

峰山高原ホテルリラクシア Facebook
神河が贈る 極上の冬時間 Facebook

関連していそうな記事

公開日 : 2016-2-6
最新更新日 : 2016-2-7