現代における、おもてなしの舞台として「井上茶寮」姫路 的形


古くから摂播五泊にも数えられる的形地域に、17代にわたり塩田庄屋として受け継がれてきた「旧植田邸本家」。

その明治45年に建てられた、書院造の屋敷に惚れ込んだ方がいます。

–  井上茶寮店主、井上さん

井上さんはもともと社寺仏閣に興味があり、的形に全国の社寺仏閣に納める和船を造っている工場がある、と聞いたのがこの街に訪れた最初のきっかけです。
そのときは漠然と古民家を探していられたそうですが、地元の方に旧植田邸を紹介していただいた際、一目惚れし即決。

この場所を通して
“古と現代の、人と人の交錯点の場として育んでゆければ”
という、井上さんの願いを形とするため、すぐにリノベーションを開始されます。

そして、2017年3月。

現代におもてなしの舞台として、旧植田邸が新しく生まれ変わり、「井上茶寮」(いのうえさりょう)が此の地に暖簾を掲げました。

体にも舌にも、目にも嬉しい 「ランチと茶菓子」

四季折々の風景を楽しみながら

井上茶寮という店名はもちろん、オーナーシェフでいらっしゃる井上さんのお名前から。
「あえて珈琲ではなく日本茶のお店にしたかった」という思いで、”茶寮”とされたそうです。

井上茶寮さんで楽しめるのは、ランチと茶菓子セットになります。

材料は、どれも井上さんの目利きで選ばれたものばかり。
地元を中心とした、生産者の顔がわかる食材が中心とし、ジャンルは特に限定されていませんが、フランス料理がベースとなっています。

ランチメニューとお茶、茶菓子

ランチのメニューは¥2000の1種類。

大事に選んだ食材は大事につくられたものばかりです。
それらを無駄にせず、丁寧に料理し、その日の食材からベストな一皿が提供されます。

仕入れにもよるそうですが、内容は前菜、メイン、茶菓子の月替り1種類。
お茶は別で、好みにあわせて注文いただけます。

食事は済ませて来た、という方には日本茶や茶菓子をお楽しみいただけます。
様々な種類の羊羹や茶菓子いただけますが、不定期で登場する茶菓子も楽しみの一つです。

贈答用に、お土産に

専用の箱におさめられたカヌレ羊羹は、菓子折りにもぴったり。

おもたせは贈答用の箱におさめられた茶菓子(¥1,200~)のほかご自宅用にカヌレ羊羹のばら売り(¥200/1個~)になってます。

厳選されたこだわりの食材でつくられた、体にも舌にも目にも嬉しいランチと茶菓子。
そして、どれも和の中にある抜群のモダンセンス。

西洋文化も勉強されてきた井上さんの感性に魅了されてしまいます。

感性を刺激する「蔵ギャラリー」、イベント出店など

蔵を使用したギャラリー

井上茶寮さんでは食事やお茶の場所としてはもちろんのこと、
“地域の人たちの発信、交流の場となってほしい”
という思いから、蔵を使った展示、ワークショップや貸茶室など、レンタルスペースとしての利用も行なっていらっしゃいます。

蔵を利用したギャラリーでは様々な作家さんの展示を開催。
過去にはガラス、茶道具、漆器、木工などの展示を実施されてきました。

神戸や大阪、そして関東でのイベントなどにも積極的に出店されています。
ゆかりのあるフランスでもお茶のワークショップをするなど、その活動はますますひろがるばかり。

最新情報や詳細などは、井上茶寮さんの公式instagramにてご確認ください。

  https://www.instagram.com/_inoue_saryo_/

現代における、おもてなしの舞台として

この落ち着きのある作り込まれた空間と、丁寧な料理、器使い。
井上茶寮を訪れたことのある人々から、その魅力の虜になってしまった話を耳にすることは珍しくありません。

「的形のなかでも歴史のある旧家が空き家状態だったので、いまのように様々なお客様が訪れてくれるような場所に変わってくれて嬉しい。」
と地元の方からの声もあるそうです。

「ここでやってよかった」
と、井上さんは静かな口調で語ってくださいました。

古くから今も変わらない、よいものを大事にする感覚。
新しいものも積極的にとりいれ、必ずしも変化を恐れない、よいものはよいとする柔軟な感覚。
井上さんの感覚が、この空間をどのように活かし、そして変化させていくのか楽しみでなりません。

姫路の中心から向かうと、ちょっとした小旅行のような気分も味わえます。
的形の地に明治時代から佇む屋敷。
ここに吹き込まれた新しい風を感じにいってみてはいかがでしょうか。

「井上茶寮」 詳細

住所:
姫路市的形町的形1997

姫路市的形町的形1997

TEL:
0792 54 0075

営業時間:
11:30〜17:00
(ランチ 11:30〜16:30時)

2019年9月に大幅リニューアルしました
こちらも併せてご確認ください

定休日:
水曜+不定休はその都度告知

駐車場:
5台

  https://www.instagram.com/_inoue_saryou_/

公開日 : 2019-10-19
最新更新日 : 2019-10-19