福本医院展1

9月20日(日)〜23日(水)
午前10時から午後5時まで
連休中の4日間「福本医院展」を開催します。

福本医院は大正9年に相生市那波港に開院し、平成25年に院長が亡くなり、93年の長い歴史を閉じました。

モルタル製ドイツ壁と赤い屋根瓦がシンポルの木造の和洋折中の洋館は、大正〜昭和〜平成と長きにわたり医療の現場として地域の皆様に親しまれてきました。

今回は初めての試みとして、診察室と待合室に石彫やブロンズ彫刻、陶芸作品を展示し、往年の空間を見て頂きたいと企画しました。

皆様お気軽に足を運んで頂きましたら幸いです。

主催者:
長女 新谷聡子

展示作家:
彫刻家 新谷一郎
陶芸家 新谷聡子

福本医院展 詳細

日にち:
平成27年 9月20日(日)〜23日(水)

会場:
福本医院
相生市那波大浜町24-26

相生市那波大浜町24-26

福本医院展2

時間:
10時〜17時

期間中のみのお問い合わせ・連絡先:
0791-22-0079

文章:新谷聡子

OTETEお手伝い

OTETEお手伝い

2011の震災で東京→姫路に自主避難。姫路はおろか、関西全体に馴染みがないため、日々を楽しく過ごすために情報収集中。美味しいものを食べることが大好き。でも震災後は安全であることも大事に。WEBや印刷物の制作をお手伝いする「OTETEお手伝い」を運営中。

好き:カレー、スパイス、パクチー、アート、音楽、手作りすること