「農家のごはん ことほぎ」牛尾農場の有機野菜と平飼い卵 | 神崎 福崎


2018年6月17日、「農家のごはん ことほぎ」さんがOPENしました。

ことほぎさんで利用される主な食材は、兵庫県神崎郡市川町で、無農薬・無化学肥料の旬の野菜とお米を栽培し、平飼いの鶏舎で採卵鶏を飼育されている「牛尾農場」さんから直送されるお野菜とお米、卵と鶏肉がメイン。

江戸時代末期の登録文化財にもなっている旧小國家の長屋門を利用した古民家で、お野菜たっぷりのごはんとやさしいおやつをいただくことができます。

牛尾農場直営のごはん

ことほぎを切り盛りするのは、牛尾祐美子さん。
牛尾農場はご主人である真道さんが運営されています。

以前から自分たちの農作物を使ってごはんを提供したいと考えていたお二人。
特に急いでいたりということはありませんでしたが、「よい場所があれば」と考えていらっしゃいました。

「そろそろ本格的に物件を探そう」と考え始めていた2017年秋頃。
5年ほど前に何度かイベントを主催したことのあった旧小國家の大家さんと電車で偶然の再開を果たします。
この再開が、旧小國家を活用していきたいと活動されていた大家さんのタイミングと重なり、話しはとんとん拍子で進んでいきました。

すでに何名かで敷地内をシェアスペースとし、利用がスタートされていた旧小國家。
今回ことほぎさんが利用することとなった「長屋門」も、サロンなどを誘致したいと考えられ床やドアなどの大幅な修復はほぼ完了していました。

それでもカフェをするとなれば、まだまだやることは山積みです。
当初、現在2Fの客席となっているスペースは利用する予定はなかったそうですが、とてもよい雰囲気であったため利用することに。

厨房と2Fに昇るための階段は専門の方の手を借りて、壁を塗ったりレジ台やカウンターをつくったりと、できることは家族や仲間の手で行いました。

2018年4月から工事が開始され、6月17日OPEN。

1Fはテーブル席が8席、カウンター3席。
2階テーブル8席。

1Fは窓からの光も明るく開放された雰囲気、2Fは座敷とソファーの席とがあり少し隠れ家のような雰囲気を楽しむことができます。

予約は必須ではありませんが、席数と提供できる料理の数にも限りがあるため、予約がおすすめです。
(予約については記事最後の詳細を参照ください)。

「農家のごはん ことほぎ」いよいよOPENです

OPEN当日。
この日は農場から真道さんもお手伝いに。

お時間をとっていただきお話をきかせていただいたのは、OPENの数日前。
そして、17日のOPEN当日、再びことほぎさんを訪れごはんをいただいてきました。

先日お話をお伺いした際のしっとりと静かな古民家の時間も素敵でしたが、活気のある風景が、旧小國家を賑わせます。

厨房からは元気な声がきこえ、この日を楽しみにしていたお客さんが続々とやってきます。

この日のメニューは旬のお野菜をたっぷりと楽しめる「ことほぎランチ」、お野菜の旨味たっぷり「豚肉と旬の野菜のグリーンカレー」、お子様や軽食にうれしい「おにぎらずセット」。

当日のことほぎランチ。
内容はお野菜の状況などによって日々かわっていきます。

「ことほぎランチ」
旬のお野菜たっぷりな「ことほぎランチ」は、いろいろな野菜料理が楽しめます。
素材がよいので、シンプルな味付けと調理でお野菜の美味しさが引き立っていました。

しっかりと素材の味をだせるのは、長年牛尾農場の野菜を料理してきた、野菜を知っている祐美子さんだからこそ。

ことほぎランチ 1200円(外税)

「豚肉と旬の野菜のグリーンカレー」
ココナッツミルクの甘さとカレースパイスが香る老舗醤油屋さんの魚醤でコクを引き出したカレーです。
添えられた卵が辛さを和らげマイルドに。
旨味がとけだしたやさしいカレーです。

豚肉と旬の野菜のグリーンカレー 1000円(外税)

「おにぎらずセット」
この日のおにぎらずは”トマト肉味噌と目玉焼きおにぎらず”。
牛尾農場のレモン色の黄身が少しとろりとした子どもたちも大好きなお味でした。
8歳さんも5歳さんも「おいしいね」と完食です。

おにぎらずセット 700円(外税)

ランチにセットにできるドリンクはビール以外は+250円(外税)で注文可能です(一部アイスの場合+料金あり)。

ドリンクにももちろんこだわり。
スペシャルティオーガニックコーヒーや無農薬紅茶、減農薬やオーガニックのジュース、自家製の梅シロップを使ったものなどから選ぶことができます。

カフェタイムとテイクアウト可能な素材にこだわった、イベントなどで主に活躍する近隣の方々がおやつをお届け。

販売と納品スケジュール
日曜日→たべばたけの米粉のお菓子
水曜日→HOBALの日々のおやつ
木曜日→kahkaのタルト
金曜日→牛尾農場の野菜とたまご

こちらは、日によって入荷状況が異なりますので公式SNSなどでチェックしてみてください。

たべばたけ:https://www.instagram.com/tabebatake/
Kahka:https://www.instagram.com/kahka327/
HOBAL:https://www.instagram.com/okyana/

想いのこもった場所「ことほぎ」

店名ともなっている「ことほぎ」。

漢字では
寿ぎ 言祝ぎ 言寿ぎ…

“言葉によって祝福すること”
などを意味しています。

旧小國家はかつて、産院として利用されていた時期もあるとのことです。

おそらく当時の女性たちも生れてきた赤ちゃんと幸せな時間を共有し、「おめでとう」と周りからことほぎを受けていたと思います。
そんなことを想像しながら、丁寧に栽培した野菜で、丁寧に料理をして、来てくださったお客様をお祝いする気持ちでお迎えしたい、幸せな時間の共有、それが「ことほぎ」という名前に込められています。

※「農家のごはん ことほぎ」公式ページより

メインの食材は牛尾農場で丁寧に育てられた、元気なお野菜と卵や鶏肉。
お米もなくなるまでは牛尾農場のものを、その後は福崎町の無農薬米を使用されるとのことです。
ランチは農場のお野菜の旬とともに代わっていき、いつでも旬の野菜料理をいただくことができます。

今後はより、野菜の調理法などについて来てくださる方にも提案できるようなメニューを考えたり、カフェタイムも充実させていきたいとのことでした。

想いのこめられた野菜とごはん。
おもてなしの気持ちがとても嬉しい、素材の味を楽しむことができることほぎさんです。

農家のごはん「ことほぎ」 詳細

住所:
〒679-2211 兵庫県神崎郡福崎町山崎814番地
旧小國家 シェアスペース内

兵庫県神崎郡福崎町山崎814番地

TEL:
090-2068-2073

※席数と提供できる料理の数にも限りがあるため、予約をおすすめしています。
予約はお電話、または直接ご来店いただいてのみ可能です。
SNSのDMやコメント、メールなどでは行っておりませんのでご了承ください。

営業時間:
11:30〜16:00

ランチ
11:30〜14:00

カフェ
14:00〜15:00 ラストオーダー

定休日:
火曜日・土曜日・第一水曜日

駐車場:
あり
※多くはございませんので、乗り合わせてのご来店、ご協力をお願いいたします。

最新情報 公式WEB・SNS

  @kotohogi_ushiofarm
  農家のごはん ことほぎ
  kotohogicafe.jimdofree.com

公開日 : 2018-6-19
最新更新日 : 2018-6-25

関連していそうな記事