2019/6/2 アフリカ音楽&ダンス「大地の国からの贈りもの」


西アフリカ・ブルキナファソ出身のベノワ・ミロゴさんやその仲間たちの楽しいライブが、6月2日(日)に姫路で開催されます。これまでも何度かご紹介していますが、今回も、ダンスワーク、ブルキナファソのご飯の販売、スペシャルライブと、もりだくさんです。

タイムスケジュール

第1部:ブルキナファソダンスワーク(11:00-12:30)

講師:オマール ノンブレ
料金:2500円(要予約)
※小中高校生は予約、当日にかかわらず1500円
※ワークは裸足で行います。動きやすい服装でご参加下さいね!飲み物をご持参下さい。

ランチタイム:ブルキナファソのご飯販売(12:30-14:00)

マッチョなオマールはお料理上手!当日のメニューはRiz sauce tomate(リソーストマト)に飲み物をつけて、ごはんにトマトソースをぶっかけて、ボナペティ!
料金:1000円(要予約)
myお皿、myスプーン、myコップの持参大歓迎です。

第2部:スペシャルライブ(14:00-)

まさや×千晶×ベノワ ×オマール=!?!?!?!
その答えは!?
来た人、見た人、聞いた人、にしか分からない!!!
料金:予約3000円 当日3500円 
※小中高校生は予約、当日にかかわらず1000円
※1部・2部セット割 5000円!

アーティスト詳細

MILLOGO Benoit(ミロゴ ベノワ)

ブルキナファソの伝統伝達者グリオの家系に生まれ、幼少期からタマを父の元で学ぶ。ジャンベはむろん、バラフォン(西アフリカの木琴)、ンゴニ等あらゆる伝統楽器を奏でるマルチプレーヤー。伝統楽器を使って現代社会にメッセージを伝える作曲家。

NOMBRE Omar(ノンブレ オマール)

西アフリカ、ブルキナファソ出身。8歳からダンスを始め、様々なダンス大会に出場し、独特の力強いダンスで多くの賞を受賞している。

大西 匡哉

2004年からケニアのドゥルマ民族の村で伝統文化継承者マテラ氏のもとで8年間に渡る音楽修行を終え帰国。ドゥルマ民族の伝統打楽器に独自の楽器を加えたセット、アフリカンstyleを取り入れたアコースティックギターなどでオリジナリティ溢れるライブを展開。

早川 千晶

ケニア在住31年。1999年よりナイロビ最大級のスラム・キベラで、孤児・ストリートチルドレン・貧困児童のための駆け込み寺「マゴソスクール」を設立・運営。撮影コーディネーター、通訳、ライター、『アフリカに深く触れる旅」案内人。

日時・場所

日時:
2019年6月2日(日) 
第1部 11:00~12:30
ランチ販売 12:30~14:00
第2部 14:00~

会場:
(有)太鼓屋六右衛門
姫路市四郷町山脇910-21
※カーナビではなくGoogleナビで設定されると確実です!
※駐車場は建物の南側。満車の際は河川敷にお停めください。

姫路市四郷町山脇910-21

お申し込み・お問い合わせ:
電話 090-8572-8814(カツマ)

こちらをクリックするとチラシをご覧いただけます。

公開日 : 2019-5-27
最新更新日 : 2019-5-27

関連していそうな記事