姫路城近くの小さなカレー店「Spice スエヒロ」姫路


少し緑がかったキレイなブルーの壁はカフェのよう。
「女性でも気軽に一人で入れるように」とオーナーが意識され、デザインされました。
店内を覗いてみても、一見するとカレー屋さんには見えないかもしれません。

入りやすい雰囲気ではありますが、しっかりとスパイスから毎日つくる、スパイスカレーのお店です。

だからといって”頑固”で堅苦しいわけではありません。
オーナーのお人柄がそのままスエヒロさんの雰囲気へ。

店内には和やかな空気が流れています。

CURRY IS FREEDOM!!

オーナーはスエヒロさんをはじめるまでに
創作和風居酒屋、イタリア料理、魚料理専門店、焼き鳥屋…
などさまざまなジャンルの飲食業を15年ほど経験されてきました。

いろいろなジャンルの店を経験し休日などに食べ歩くうち、カレー店のオーナーさんたちはあまり”こうでなければいけない”という概念に縛られることなく、魅力的で個性的、自由であることに気が付きました。
“カレー”というジャンルの食べ物もとても幅広く可能性があり、自分自身のキャラクターにもあっていると魅力を感じたそうです。

オーナーの趣味とセンスがひかる壁面。

飲食以外の仕事で販売も経験されましたが
“納得のいかないものも売らなければいけないことがある”
“人のつくったものを売る”
“本当に薦めたくなくても、在庫の問題で薦めなければいけない…”
という働き方に強く疑問がありました。

“自分の責任で自分の好きなものをつくる”
“売れなければそれは自分の責任”
“自信をもって自分が薦めたいものを提供したい”
そんな想いが募ります。

「いつかは独立して自分で店を」
と思ってはいたものの、具体的に計画は決まっていませんでしたが、友人の雑貨店が移転することとなり、姫路城近くの物件が空くことに。
“機は熟した”というタイミングでした。

務めていた店のオーナーに3ヶ月の猶予をもらい、準備スタート!
仕事のない日は昼は改装、夜はカレーのレシピ開発… そしてついに2015年に「Spice スエヒロ」さんがOPENとなりました。

スエヒロのカレーと店内

スエヒロさんには培ってきた料理の知識と技術、そして自由な発想から、様々なカレーが並びます。
インド、スリランカ、タイ、和風… どのカレーも基本はふまえていますが、固定概念だけでは完成されません。

オーナーの感性がプラスされたカレーです。

メニューは定番以外は変わることも。迷ったときはあいがけ!

看板メニューとなっている「3種の鶏のチキンカレー」は、南インド系のカレー。
南淡路から取り寄せている玉ねぎを、毎日じっくりと14Kg炒めます。
スパイスのしっかり効いた、でも1皿に1玉以上の玉ねぎを使った、玉ねぎの甘みが贅沢なカレーです。

その他のカレーは手に入った食材や、タイミングなどでかわってきます。

お伺いした日にあった「海老と野菜のグリーンカレー」はココナッツミルクの入ったタイ系のカレー。

「厚揚げと小松菜の豆カレー」は菜食の方にも。
お店は姫路城も近く外国の方の観光客も多い地域です。
⁣海外に多い菜食の方にも食べていただけるカレーも、用意されていらっしゃいます。⁣⁣
厚揚げをプラスすることで食べごたえと風味もアップし、菜食の方でなくともおいしいカレーです。

そして、メニューに掲載されていないカレーがある場合も。
この日は大根がゴロゴロと入った「鯖(さば)のキーマカレー」でした。

⁣⁣鯖のコクはたっぷり、でも生臭さとは無縁でパクパクいただけます。⁣⁣
「今日は他にある?」とぜひきいてみてください。

鯖のキーマカレー

迷ったときはお好きなカレー2種を一度にいただける、”あいがけ”もおすすめです。

オプションも豊富で、ごはんとルーを大盛りにしたり、ごはんを小盛りにしたり。
パクチーやチーズをトッピングすることも。

キーマカレーなどは、基本のカレーを辛くないようにしているため、キッズプレートが用意できる場合も(要相談)。

カレーは売り切れてしまうこともあり、売り切れ次第閉店となります。
SNSをなどで売り切れの情報がUPされますので、遅めのランチやディナータイムは来店前に確認してみるとよいかもしれません。

居心地のよい店内

1Fのカウンター席。 男性も女性も、一人でも気兼ねなく。

居心地のよい店内は、26席ほど。

1Fはカウンターと4人席が一つ。
調理場からはスパイスの刺激的な香りが漂います。

2Fはテーブル席となり、静かで落ち着いた雰囲気です。

オリジナルのTシャツやスパイス、スパイスセットの販売もあります。
カレー関係の本もたくさんあるので、カレー好きにはたまりせん!

1Fのテーブル席。入り口横、2Fにも本がたくさん。

もっともっとスパイスを

「スエヒロ」という店名は、お母様がされていた 寿栄廣(スエヒロ) というパン屋さんから。

末広(スエヒロ)とは結納の品にある扇子のことでもあります。
扇子を広げた形は末広がりで”末広がりに幸せに、末永く栄えるように”といった意味があるそうです。
お店のロゴマークにもなっています。

お店に行くことがなかなか難しい方は、いろいろなイベントにも出店されているのでSNSなどでチェックしてみてください。

2019年7月21日の「新舞子しおさいマーケット」では、友人達と主宰を努める Unite Marketとして参加されています。
スエヒロさん以外にもカレー店が数店出店され、カレー好きさんには特におすすめしたいイベントです。

姫路駅周辺では始めた当初も今も、スパイスからきちんとつくるスパイスカレーの店があまりありません。
スエヒロさんで「初めてスパイスカレーを食べた」というお客さんも少なくないそうですが、反応はとてもよくその後常連さんとなったりと、姫路でのスパイスカレーの普及の可能性をまだまだ感じているとのことです。

これからもいろいろなカレー、スパイス料理を。
スエヒロ流でどんどんと、お待ちしています!

Spice スエヒロ 詳細

営業時間:
11:30-15:30
18:00-22:00

カレー売り切れ次第閉店となります

定休日:
木曜、金曜

住所:
姫路市本町68番地

Spice スエヒロ

電話番号:
079-227-6750

駐車場:
なし
(近隣に有料パーキング多数あり)

公式SNS:
  https://www.facebook.com/spice.suehiro/
  https://www.instagram.com/spice_suehiro/

公開日 : 2019-7-8
最新更新日 : 2019-7-8