瀬戸内を渡る[タルトとおやつ 巣箱]姫路 たつの 小豆島

産まれ育った姫路とたつのを中心に、姫路や県内さまざまな場所で活動されてきた[タルトとおやつ 巣箱(すばこ)]さん。

イベントに出店すれば、目当てで来場される方ファンも多数、すぐに完売してしまうことも。
材料や製法にこだわり、見た目もかわいいおやつたちは大人から子供まで大人気です。

店舗をもたずにイベントを中心に活動されていましたが、2021年1月には、待望の実店舗がOPENします。

場所はなんと、小豆島!

これまでのお話と、これからのお話を巣箱さんにお伺いしてきました。

仲良し3姉妹 巣箱

元々カフェ巡り、おやつ作りが好きだった巣箱のnanaさん。

自然の素材をなるべく使い、体に優しくて何度でも食べたくなる、素朴なおやつが自分で食べたいなあと、自らおやつをつくりはじめました。

せっかくつくった、おやつたち。
家族に友人に、特に仲のよい姉たちに食べてもらっては、意見などをきいていたそうです。

信頼する姉たちから後押しされたこともあり、2017年秋、イベント出店にて[タルトとキッシュと三姉妹 巣箱]をスタートさせました。

準備中の店舗でもnanaさんを見守っている三姉妹の似顔絵

おやつを作っているのは三姉妹の末っ子のnanaさんですが、お姉さんさんたちも巣箱のイメージ作りやおやつの試食、マネジメントなど、サポートやバックアップとして参加されています。

活動をスタートするための一歩を踏み出せたのは、おやつのことだけでなく、生活や様々な悩みなどについても相談し、支え合える姉妹の絆があったからこそです。

巣箱のおやつたち

巣箱さんでは、なるべく身体に優しく、添加物や保存料を使用しない材料を使うことを心がけ、おやつ作っていらっしゃいます。
小さなお子様も食べやすいようにと、お酒もなるべく使いません。

食材には地元農家さんの新鮮な食材や、旬ものを積極的に取り入れて。
素材の味を活かし、食べた後にスッと身体に馴染むような、ちょうどいい甘さのおやつたちです。

国産ふすま小麦を使った、素朴な[タルトケーキ]や[焼き込みタルト]は、巣箱さんの看板商品。

タルトというと、ホールでの販売、またはそれをカットした三角のものが主流ですが、巣箱さんのタルトは小さな◯い形が特徴となっています。
かわいい形と食べ切れるサイズは、ついついいくつも手にとってしまいます。

小豆島や瀬戸内のレモンを使った[レモンケーキ]、きまぐれで販売される[キッシュ]もおすすめです。

今後は小豆島の特産物でもある、島のオリーブ、柑橘系(レモンやみかんなど)のフルーツ、醤油なども使ったおやつにも取り組んでいきたいとのこと。

新しい巣箱さんとおやつに会えるのが、とても楽しみですね。

小豆島へ [タルトとおやつ 巣箱]実店舗OPENに向けて

kotiさんでのコラボカフェの様子

巣箱の活動をスタートした後、たつの市揖保川町にある[workshop gallery koti]さんにて月数回のコラボカフェや、その他にもいろいろななイベント出店活動をされてきました。

たつの在住時から実店舗への想いはありましたが、出会いもありnanaさんは旦那様の住んでいる小豆島に移住することに。
穏やかな空気感や島に住む人々の暖かい人柄に触れ、nanaさん自身もとても小豆島が気に入ったといいます。

よい物件も見つかり、待望の実店舗を小豆島に2021年1月にOPENすることとなりました。
現在OPENに向けての準備中です。

この投稿をInstagramで見る

 

タルトとおやつ 巣箱(@subaco.sa.mi.na)がシェアした投稿

たつので、姫路で!

今までのお客さまは実店舗OPENによろこんでくれる反面、やはり簡単には行けないので寂しい面も見せられるとか。

そして、nanaさんにも同じ気持ちがあります。

応援してくれるお客様、出会った出店者さんたちとのつながりは何者にも代え難いものです。
小豆島のお店がOPENした後も、大好きな姫路とたつのに定期的に帰郷し、近隣のイベントなどにも積極的に出店していく予定です。

2020年12月に姫路駅前ピオレ2で行われる[てくてくWEEK3]にも出店いただけることとなりました。
どうぞお楽しみに。

通販[旅する巣箱セット]

通販も、より充実させていく予定です。

2020年より開始した通販[旅する巣箱セット]。
こちらをよりたくさんの方、いろいろな場所へお届けできるようにと体制を整えてらっしゃいます。

公式instagram ではイベントや通販のお知らせなどをされていますので、最新情報をチェックしてみてください。

巣箱さんに会いに

店名である[巣箱]。

巣箱=〈動物が住みつき生活しやすいように作られた箱〉。
安心感のある、居心地のいい住処のことです。
巣箱の作るおやつが皆さんの生活に馴染む、居心地のいい存在になればいいなあと思い名付けました。

(小鳥を飼っていらっしゃることも関係しているそうですよ)

体に馴染む、素朴で優しくてあったかいおやつをイメージして作られる、巣箱さんのおやつたち。
口にすれば、あたたかくてほっこりとするような安心感に包まれるようです。

姫路港から小豆島の福田港へは一日に7便ほどあり、約1時間40分ほどで到着します。
巣箱さんのお店は、ギネスにも登録されている、世界で最も幅の狭い海峡「土渕海峡」が目の前にあるそうです。

イベント出店や通販で巣箱さんの商品に今後も会うこともできますが、小豆島へは日帰りでも行くこともできてしまいます。

気候の良い日に、小豆島観光もかねて。
穏やかな瀬戸内の海をフェリーに乗って、巣箱さんに会いに行ってみてはいかがでしょうか。

[タルトとおやつ 巣箱] 詳細

住所:
香川県小豆郡土庄町渕崎甲1386-8

香川県小豆郡土庄町渕崎甲1386-8

※2021年1月のOPENに向けて準備中です

公式instagram:
https://www.instagram.com/subaco.sa.mi.na/

店舗の詳細情報、イベント出店情報などは、最新情報は公式instagramにてご確認ください。

OTETEお手伝い

2011の震災で東京→姫路に自主避難。姫路はおろか、関西全体に馴染みがないため、日々を楽しく過ごすために情報収集中。美味しいものを食べることが大好き。でも震災後は安全であることも大事に。WEBや印刷物の制作をお手伝いする「OTETEお手伝い」を運営中。

好き:カレー、スパイス、パクチー、アート、音楽、手作りすること

おすすめの記事