2016/2/26 お茶をしながら好きな本を紹介する会 「本のスキマ」


本のスキマ

teku-iconてくてくひめじ

てくてくひめじをご愛読いただき、ありがとうございます。
今回から新しく、イラストレーターで「うしろむきな絵手紙作家」としても活躍中の赤松かおりさんに運営員として参加していただくことになりました!

イラストレーター赤松かおりのブログ

まずは、赤松さんが主催されているイベントのご紹介です。
赤松さんには今後、お得意のイラストなども交えながら、いろいろご協力いただけるかと思いますので、どうぞお楽しみに!

2月26日(金)本のスキマ開催します


「何を読んだらいいのかわからない」

友人が私に言った一言です。
何かわくわくする本を読みたいと思って、本屋さんでランキングされている人気の本を読んでも、自分の趣味にはあっていなくて面白さがわかりづらい。
社会的に評価されている本を読んでも、自分が好きかどうかはわからない。

たしかに食べ物やさんの口コミはよくみかけますが、本の口コミは貴重かもしれません。

「読書」には「まじめ」「高尚な趣味」というイメージがつきまとっています。
そのうえ「読書会」なんていうと、うんちくを披露しあったり、論争している場というイメージがあるかもしれません。
そんな会だと、積極的に参加しづらいと思います。
なので、本が好きでも孤独に読んでいる方も多いのではないでしょうか。
しかし、みんなでいろんな本を紹介し合った方が、本好きの仲間も増えるし、読書の幅も広がり、なにより楽しいです。

本のスキマ2

きっかけ

私は、普段「まつぼっくり舎」の屋号でイラストレーターをしております。本屋さんめぐりをして本や本屋さんの紹介イラストを描いたり、本屋さん特集のミニブックなど作れたらいいなと考えたりしています。
小さいころから、本を読むことがなにより好きで、借りたり買ったりして、今までで少なくても千冊以上は読んでいます。

このような会を開こうと思ったのは、私自身が、疲れたときも本を読むことで違う体験をして、どこかへ行くわけではなくても気分を変えたり、リフレッシュできたりしたので、みなさんにもそういう面白い本に出会ってほしかったからです。
それで、「読書会」とは呼ばずに「本のスキマ」という名前をつけ、課題本や選書テーマなどもあえて設定しないことにしました。
ジャンルは問わず、図鑑や写真集などもOK。話さなくても、聞いてるだけでも大丈夫です。

会場の雰囲気

「本のスキマ」は2015年の11月からスタートして、今回で3回目になります。
参加者の年齢は、10代から40代まで、毎回男女とわず約10名の方に参加して頂いています。

気になっている本や、好きな本を各自1~2冊持ち寄って楽しくお話しませんか?
もちろん、話をききにくるだけでも大丈夫です。
今まで知らなかった本を知れたり、友達の輪が広がったりして楽しいですよ。

本のスキマ3

参加者の感想

「普段本を読まないあたしでも毎回楽しく参加させてもらってます♬
お菓子を食べながら、みんなの個性溢れるトークを聞いて、知らなかった世界を知る☆ 自然と読んでみたくなる気持ちがわいてきて、楽しみがふえます。いつもありがとうございます♬」

「他の方が紹介されていた本を後日読んでみたら、とても面白くて好きな本が増えました。次回もどんな出会いがあるか楽しみです」

本のスキマ4

お茶をしながら好きな本を紹介する会『本のスキマ』 詳細

日時:
2016年2月26日(金)
19時~21時

参加費:
300円(1ドリンク別途オーダー)

主催:
まつぼっくり舎

場所:
ブックカフェギャラリーQuiet Holiday
http://quietholiday.net

問い合わせ先:
お問い合わせは ucyuseibutsu@yahoo.co.jp までお願いいたします。

Facebookページ 本のスキマ https://www.facebook.com/honnosukima/

公開日 : 2016-2-13
最新更新日 : 2016-9-13

関連していそうな記事