2017/09/14 CHATSWORTH LIVE 『風と魚と金』加古川


加古川駅近くにある、紅茶と英国菓子の店チャッツワースで行なわれる、音楽ライブの案内をいただきましたので、ご紹介いたします。

『風と魚と金』 minakumari & Isa Guitarra & 清水”Shimmy”ひろたか

「風と魚と金」

3人から生まれる魔法にかかったような美しい音楽をお楽しみ下さい。
また、この日は、ティーブレンダーでもあるミナクマリによる『秋のオリジナルブレンドチャイ作りワークショップ』も開催致します。

「風」
ミナクマリの奏でるインドの弦楽器、シタールの音はまるでやわらかな光の粒子のよう
シタールにスイートな歌声を乗せ、のびやかにセッションするminakumari/ミナクマリ

「魚」
染み入る声と風のように揺れるギターのあいだを自由自在に泳ぐ、IsaGuitarra/イサギターラ

「金」
コーネリアス、オノ・ヨーコ、坂本龍一、デヴィッド・バーン、
ルー・リード、ショーン・レノンら国内外のアーティストの活動に参加する黄金のギタリスト:清水 “Shimmy” ひろたか

2017/09/14 CHATSWORTH LIVE 『風と魚と金』 詳細

日時:
2017/9/14(木)
OPEN 18:30 / START 19:00

出演:
ミナクマリ (Sitar & Vo)
清水”Shimmy”ひろたか (Guitar&Vo)
IsaGuitarra(Vo&Guitar)

料金:
予約 3000円、当日 3500円(共に1ドリンク別)

定員:
45名

場所:
紅茶と英国菓子の店 『CHATSWORTH』
兵庫県加古川市加古川町篠原町4-7
http://www.interq.or.jp/www-user/chatea/top.htm

675-0065兵庫県加古川市加古川町篠原町4-7

アクセス:
JR加古川駅南側ベルデモール商店街沿いに2~3分程下って左側

TEL:
079-420-1707

『秋のオリジナルブレンドチャイ作りワークショップ』

時間:
START 17:30(1時間ほどの内容です)

料金:
2500円(チャイ+焼き菓子/自作チャイお持ち帰り30含む)

定員:
限定10名

前売ご予約・お問い合わせ

電話でのご予約は、
079-420-1707(チャッツワース)
火曜日定休 ランチタイムを除く14時~20時でお願い致します。

メールでのご予約は
『9/14 チャッツワース風と魚と金 』
と、「お名前」「人数」「ご連絡先TEL」をご明記の上
chatsworth_tearoom@me.com まで

出演者 プロフィール

ミナクマリ(minakumari)


http://minakumari.net/
シンガーソングライター&シタール奏者

岡山県倉敷生まれ、ガールズバンドCATCH-UPのソングライター、ギタリストとしてデビュー。3枚のアルバムを発表する。 東京・アジア・アフリカ語学院ヒンディー語科卒業。インド・コルカタにてシタール奏者モニラル・ナグ氏に師事、クライスト大学留学、インドディプラス ティー(紅茶)専門学校卒業。帰国後、CHARA、新居昭乃、リップスライムやゴンザレス三上(GONTITI)のライブやレコーディングに参加。また、 ジェームス・イハ、ハナレグミ、七尾旅人、mabanua、ASA-CHANG、U-zhaanとのセッションに参加するなど、数多くの場でやわらかい歌 声とシタールを響かせる。
2009年フランスでコンサートツアーを開催。
2015年3rdアルバム『Meena』リリース。同年放送、NHK朝の連続ドラマ小説「まれ」の劇中でminakumariの楽曲「I am here」が使用される。
2016年10月21日に4rthアルバム『REHENA』をリリース。

幻想的なシタール・ワールドに日本語/ヒンディー語/英語をスウィートな歌声を乗せ、インドの伝統楽器で奏でる新しくも懐かしい童話のような歌世界。

IsaGuitarra/イサギターラ


http://suzume138.wixsite.com/kazemeguru
https://www.facebook.com/isa.guitarra

声とギターのあいだを泳ぐさかな。
シンプルな詩と、国籍の無いギターの音色、宙に染みてゆく声
流麗に爪弾き、語るように唄いつづけている。

ソロ演奏の他、バンドSANDHYAを主宰し、時折全国各地に音楽の旅へと赴く。�2013年から2015年『風巡音旅人』『SANDHYA』を自身のレコーディングでリリース、シンプルながら奥深い音楽性を提示、年代を問わず、様々な方面からの好評を得る。2017年『From Island』では、写真家で映画監督、茂木綾子氏の映像に、即興で浮かび上がった曲をまとめ、音楽の詩的な間や、余韻を表現する。共演やコラボレーションの経験も多く。表現ジャンルの幅は垣根無い。近年ではキールタンシンガーDpahne tse(米)のアルバムにギタリストとして参加、アルゼンチン若手印象派ギタリストGUILLERMO RIZZOTTOとの共演も、ご縁の中で経験する。
ギターとうたの教室を主催し、音楽の経験をより多くの人と共有しながら、自身のラジオ番組では、「ボーダーフリーな音楽と地球のリズムを感じる暮らし」をテーマに、古今東西様々な音楽を選びながら、暮らしを取り巻く季節の巡りを追いかけ紹介している��草木や、波や雲や空を眺めながら、散歩したり静かに過ごすのをわりと好む。
目下の趣味は茶の湯、禅。など。

清水”Shimmy”ひろたか

http://hirotakashimizu.blogspot.jp
https://www.facebook.com/shimmy.hirotaka https://twitter.com/ShimizuHirotaka

愛 称はSHIMMY。ギタリスト、コンポーザー、エンジニア。 89年から音楽活動を開始。オノ・ヨーコ、坂本龍一、デヴィド・バーン、ルー・ リード、ショーン・レノン、など国内外のアーティストのレコーディング、ライブに参加。2003年から、ドラマーあらきゆうこのMI-GUの全アルバム・ プロデュースを手掛け、テキサス、NY、ロス、サンフランシスコ、アイスランドといった海外でもライブを行う。2006年からコーネリアスのTHE CORNELIUS GROUPに参加し、以降の日本国内を含むワールドツアーでもプレイ。2009年にオノ・ヨーコのPLASTIC ONO BAND『BETWEEN MY HEAD AND THE SKY』にギタリストとして参加し、ニュー・アルバムのレコーディングにも参加。2011年には、チボ・マットの本田ゆか、ペトラ・ヘイデン、あらきゆう こと共にバンドIF BY YESとして1STアルバム『SALT ON SEA GLASS』をキメラ・ミュージックよりリリース。 同作には、デヴィッド・バーンやウィルコのネルス・クライン、コーネリアスがゲスト参加。2012年には、MIKE WATTと63曲入り問題作『SPIELGUSHER』を制作、加えてMIKE WATT、NELS CLINE、あらきゆうこと共に結成したプロジェクト、BROTHER’S SISTER’S DAUGHTERの1STアルバムも2014年にリリース。自身のソロ・アルバム『3579』を2013年にリリースしている。

公開日 : 2017-8-10
最新更新日 : 2017-8-10