パンがつなぐ想い。coboto bakery (コボトベーカリー) の実店舗が2018年春OPEN! | 姫路  <クラウドファンディングのお知らせ>



 更新情報 2018/02/03 
実店舗の住所と、クリエイティブスタッフ募集を追記更新しています


関西圏を中心に、オーガニックの小麦を自家製粉し、自家製発酵種で焼き上げるパンが大人気の「coboto bakery (コボトベーカリー)」さん。

今までは実店舗がなく、イベントとWEB通販のみで活動されていました。

イベントに出店されれば、販売開始前から長い行列ができ購入できないことも。
WEB通販で販売がスタートすれば、毎回数時間でSOLD OUT。

挽きたての珈琲が美味しいように、挽きたての小麦の風味は格別!
こだわりのパンはcobotoファンを増やし続けています。

coboto bakeryさんの強いこだわりににつきましては、以前紹介リレーでご紹介させていただいています。

そして、てくてくでもなんどかイベント記事などを紹介させていただいてきました。
coboto bakeryに関連した、てくてくひめじ内の過去記事

たくさんの方から実店舗を望む声もあり、cobotoさんも実店舗探しを数年前から行っていらっしゃいました。

そしてついに。
待望の実店舗OPENが2018年春に決定!!
場所はしかも、てくてくひめじの読者の方も多い姫路です。

現在2018年春のOPENに向けて、作業を行っていらっしゃいます

クラウドファンディングの起ち上げ

元々はパン嫌いであったcobotoさんが、パンをつくりはじめたのには大きなビジョンと強い意思があったからこそ。
今の規模ならばそのままの形態で活動を継続していくことはできたかとは思いますが、cobotoさんが目指すビジョンはとても大きなものとなります。

今よりも大きなビジョンを成し遂げるには、設備やいろいろな面で、もうすでに限界…。

目標達成のそのために、活動の拠点となる実店舗は不可欠。
なおかつ、店舗の安定した経営があってこそ、ビジョンの実現のために行動していけると考え、2017年12月末にクラウドファンディングの起ち上げを実施されました。

 

「クラウドファンディング」は、今ではベンチャー企業や個人などが目標達成のために利用することも多く、目にすることも多くなってきたサービスです。
この仕組みを利用して、多くの中小企業や個人が目標を達成されています。

cobotoさんとお話された方は、「この人はパン屋さんなの?」と思われるのでないでしょうか。

もちろんパンを焼いて販売されていて、できるだけ挽きたての自家製粉した小麦でパンを焼くなど、強いこだわりと信念を持ったパン屋さんではあります。
でもcobotoさんにとっては「パンを焼いて売る」というのはcobotoさんのビジョンを実現するための、一つの手段としての行動なのかもしれません。

cobotoビジョン

私達一人ひとりがそれぞれ、日々の買い物で生産者の方々を応援していくことも大切なことですが、もっと大きなビジョン実現に向けすでに活動を行っている方を応援することも、未来の世代につなげられるような食・農の形を作っていくことにつながると考えます。

cobotoさんのビジョンは大きくわけて、簡潔に記述すると下記の2つです。
(より詳しい熱い思いははcobotoさんのラウドファンディングのページをご確認ください)

①パンを食べてもらうことで、生産者と消費者の想いをつなぐこと。
パン屋をオープンすることで、作る人(生産者)の想いを、よりたくさんの食べる人(消費者)に伝える

パンがつなぐ「農を作る人」 と 「食べる人」

②食・農の形を未来世代につなぐこと。
作る人と食べる人の関係性をより深くし、そこに飲食店経営者やデザイナー、コミュニティのプロ、土の専門家などにも協力を仰ぎながら、未来の世代につなげられるような食・農の形を作っていく

ビジョンはとても大きなもの。多くの協力者が不可欠!!

cobotoビジョン実現のために私達ができること

未来の食、日本のこれからについて不安を感じていらっしゃる方も多いかと思います。
実際に行動を起こすことは、思いがあっても難しいことです。
自分一人では実現できないことでも、cobotoさんを軸に実現できることもあるかもしれません。

このcobotoさんのプロジェクトに賛同された方は、クラウドファンディングで支援するというのも応援の形であり、私達ができることの一つです。

クラウドファンディングって何?
支援するって不安…
直接ビジョンについて話をききたい

などなどの、思いはもちろんあるかと思います。
疑問に応えるため、直接お話するため、cobotoさんがトークイベント(クラウドファンディング説明会)を開催されます。

日時:
2018年1月14日(日) 18時半から1時間程度

場所:
兵庫県姫路市伊伝居8 PARLAND COFFEE

内容:
クラウドファンディングについて、クラファンサービスのキャンプファイヤーについて、cobotoショップ・クラウドファンディングプロジェクトについて、など。

参加費:
無料

定員:
15名(予約制)

詳細はこちらから

クラウドファンディングで支援するのは…
と抵抗のある方は、cobotoさんの店舗づくりの過程で、天井塗りや壁塗りの協力者を募っていらっしゃるので(今後は他の募集もあるかと思います)、そちらに参加するのもできることの一つかと思います。

「できることを」をしてみる

てくてくひめじでは、今までのcobotoさんの思いや活動にも共感し、告知などのお手伝いをさせていただいてきました。
店舗OPEN、そしてOPEN後のビジョン達成のための活動も、長いスパンで継続して応援させていただきたいと思っています。

それぞれのできることで、応援すること、参加することは可能ではないでしょうか。

食・農をつなげるためのお手伝いがしたい。
cobotoさんのビジョンに共感した。

cobotoさんのパンを食べ続けるために。
もっと気軽に食べられるようになるように。

思いはそれぞれ。
きっかけや理由はあまり重要ではありません。
何もしなければ何もかわりません。
そこでどうするか? 行動するか? が大事ではないでしょうか。

cobotoさんのパンが好きだから。
cobotoさんのビジョンを少しでもお手伝いしたいと思うから。

てくてくひめじにできること。
てくてくひめじの役割・得意分野は、情報をたくさんの方に拡散すること!!

てくてくでは継続して、今後もcobotoさんを応援させていただきます。
早くパン食べたいなー。

  http://cobotobakery.com/
  https://www.instagram.com/cobotobakery/
  https://www.facebook.com/cobotobakery/

写真・画像:cobot 酒井圭一、OTETEお手伝い

公開日 : 2017-12-30
最新更新日 : 2018-2-3

関連していそうな記事