かきくけコラム :「くらしとしごと」vol.6


毎週、てくてくひめじ界隈で得意な分野を持つ方々にコラムを書いていただくコーナー「かきくけコラム」。

かきくけコラム

みんなの「かきくけコラム」

毎月第3週目のコラム「くらしとしごと」。書いてくださるのは、神河町長谷でコワーキングスペースkajiyanoを運営する山口なおさんです。

第6回 くらしとしごと 「ナチュラルに、自然を遊ぶ。」

毎月第2土曜日にコワーキングスペースkajiyanoで開催中の「くらしとしごと」のイベントレポートと次回の予定内容について書き綴っていきます。

第6回は「特定非営利活動法人greenbird」の姫路チームリーダーとして活動している竹尾かおりさん(通称タケちゃん)。某アウトドアショップで働きながら精力的にボランティア活動のリーダーとしても活躍し、抜群のフットワークであちこちに登場。

「いったい何者?」「なんでそんなに頑張れるの?」ワクワク楽しいオトナ・タケちゃんの哲学やルーツなど普段なかなか聞けないルーツやこれからの夢をお聞きしました。

タケちゃんとの出会い

「タケちゃんとの出会いっていつだろう・・?」と思い出してみると、一番古い記憶が、姫路のコミュティースペース納屋工房。そこで開催されていた「姫路まちづくり喫茶」のイベントで初めて出会って話した記憶があります。その時のイベントの日時を見てみると、2015年6月。そこから、納屋工房の周年パーティーで出会ったり、姫路のブックカフェギャラリーQuiet Holidayで出会ったり。kajiyanoができてからは、ちょこちょこ遊びに来てくれています。

green drinks姫路のイベントとして「兵庫まんなかぶらり旅」を共同主催したり。

メェちゃんを連れて長谷の山に登ったり。

最近では、神崎高校の生徒会から預かった傘のチャリティーをkajiyanoで開催。告知協力もしていただき、集まった寄付金をグリーンバードにお渡しすることができました。

NPO法人グリーンバードの活動

タケちゃんは1974年生まれの45歳。小さく見える身長は152cm(負けた・・!)。

東京・表参道から始まったグリーンバードは「keep clean,keep green」を合言葉にお掃除で街をカッコよくするNPO団体。現在は、日本だけでなく海外にも輪が広がっています。姫路チームは発足して4年目。手ぶらで、誰でも参加できて、予約は不要。昨年度は89回実施、1,119人の参加があり、グリーンバード全体のチームの中でなんと上位3位!

  @greenbird.himeji/グリーンバード 姫路チーム Facebookページ

姫路チーム独自で行っている活動の中でも、特に人気があるのが「カヌーのおそうじ」。「非効率だけど、何倍も楽しい!」そうです。ほかにも自ら手ぬぐいを企画して作ったり、ロゴシールを作ったりと、カッコよくて楽しいことはどんどんチャレンジ!

ボランティア活動には、ガソリン代や駐車場代、他にも色々と実費がかかります。だけど、遊びの延長と思っているから負担とは思っていないそう。そんなタケちゃんだから、初めましての方も、常連の方も、いつも楽しい時間を過ごせるのだと思います。

小学生時代から今まで

小学校の時のタケちゃんはいわゆる「ガリ勉」。

ご両親は共働き。外遊びとは全くといっていいほど無縁で、目標に向かってひたすら勉強。なので、小学校の時の記憶は勉強以外、ほとんどないそうです。そして姫路で中高一貫の名門・賢明女学院へと進みました。部活はバスケ部。この頃からいじられたり、ふざけあったりして今のタケちゃん像が出来上がっていったようです。

大学を卒業して、地元企業ブンセンに就職(総合職)。営業として28歳まで勤めたのち、結婚を機に退職。その後、「アウトドアの大きなジャンルの中で自然に詳しくなりたい!」と、主婦のかたわら森林インストラクターの勉強をしたり、「サイクルベース・あさひ」で働いたり。

そんな中、転機となるニュースが飛び込んできます。アウトドア好きにとっては憧れのブランド「モンベル」が姫路に上陸!!迷わずエントリーして採用。現在スタッフ歴19年目(!)になるそうです。

「地元で好きなことをしながら暮らしていると、街に愛着がわく」

播磨で遊び尽くしているタケちゃんを見ていると、真実味がありました。

タケちゃんの、自然で遊ぶためのマストアイテムたち

タケちゃんと竹尾くん

ご主人“竹尾くん”とは、性格は違うけど、アウトドア好きが一致。一緒にアウトドア用品を見に行ったり、山に登ったりと自然と距離が近くなり、「この人と一緒にいたい」と思い26歳のとき、結婚。

タケちゃんがグリーンバードの活動に打ち込めるのは、パートナーの理解と暮らしの基盤があるから。「あんまりこんな風に言ったことないかも」と照れながらイベント中何度も感謝を伝えるタケちゃんに、“竹尾くん”もなんだか嬉しそうでした。後ろでそっと支えてくれる旦那さん。私も日々感謝の気持ちで接することができたらと思いました。

●次回のお知らせ #10●

10/12(土) ゲストと内容は交渉中です。お楽しみに!

くらしと、しごと。それぞれがどう関わり合い、人生の豊かさにつながっていくのか。ちょっと立ち止まって考えてみるひとときになれば幸いです。

文:山口なお
  @kajiyano
  @kajiyano/谷間の家さんきら
  https://kajiyano.ch/

公開日 : 2019-9-18
最新更新日 : 2019-9-18