てくてくレポート 「はじめてのけいば」赤松かおり

2020年に再開した姫路競馬場。
2021年も2月から4月まで姫路競馬場でレースが行われていました。

姫路に住みながら、近くにあるのに競馬場に行ったことがない方も多いのではないでしょうか。
なんとなく、行きづらい… という気持ちもよくわかります。

今回はてくてくひめじでもおなじみの[赤松かおり]さんが、はじめて競馬場へいってみたレポートを漫画でご紹介します。

「はじめてのけいば」

2021年の姫路競馬は残念ですが、4月8日で終了しています。

また2022年も姫路で開催されるのでしょうか?

準備中のお馬や走るお馬、働く車や働く人々の観察などなど、見どころがいろいろあります。

はじめてのときは確かに緊張というか、入りづらいなーと思うところはありましたが、建物のスケールが大きくて空が広くて、行ってみると開放感がありとても気持ちがいい場所です。

今回は100円だけ!などと、決めてちょっとだけ馬券を買ってみるのも。
(馬券を買わないとJRAさんには申し訳ないですが…)買わずとも見ているだけでも楽しめると思います。

漫画:赤松かおり 文章:OTETEお手伝い

OTETEお手伝い

2011の震災で東京→姫路に自主避難。姫路はおろか、関西全体に馴染みがないため、日々を楽しく過ごすために情報収集中。美味しいものを食べることが大好き。でも震災後は安全であることも大事に。WEBや印刷物の制作をお手伝いする「OTETEお手伝い」を運営中。

好き:カレー、スパイス、パクチー、アート、音楽、手作りすること

おすすめの記事