2017/07/19 – 30「itsumo衣食住展 in ふく蔵 」加西


夢前にある “旅する雑貨屋 itsumo” さん。
市内はもちろん、市外県外からもitsumoさん目指してお客さんがやってきます。

そんな人気のitsumoさんですが、この夏は加西市にある酒蔵、富久錦のフラッグシップショップ “ふく蔵” さんのギャラリーで展示販売会が決定しました。

大きな展示スペース!普段のitsumoとは違う商品も大放出

夢前の店内スペースの関係などで展示や販売できなかった大きな雑貨など、普段なかなか見せることができなかったインドの古い家具や、世界各国の食器、雑貨、トルコやアフガニスタンからやってきたアンティークキリムなども大放出。
とても要望の多い、200cm級のラグサイズイブルも、ソウルから到着したそうです。

そして、普段itsumoさんがお世話になっているお友達、”book cafeトキシラズ” さん、”soral” さん、”日々輪” さんなどからやってきたも様々な品も並びます。

今回、ふく蔵さんでの展示販売スペースは 10m×10m ととても大きなもの。
そのため、かなりダイナミックな展示になること間違いありません。
いつも夢前の店内で見ているものも、見たことのないものも、どっさり並ぶ予定とのことです。

ちょうど 夢前のitsumoさんは、7/25〜8/10まで夏休みに入られるとのことですが、この期間中も会期中はふく蔵さんへ行けば、itsumoさんセレクトの雑貨に会うことができます。

itsumoとふく蔵の縁

今回itsumoさんが展示をすることになった経緯にについて、itsumoさんにお話をお伺いしました。

今年のはじめふく蔵さんで、工務店の”ヤマヒロ” さん主催で行われた 「オリジナルキッチン展示会」。
そのとき、itsumoさんはは助っ人的な位置で参加されていました。

それをきっかけにふく蔵さんから
「itsumoさん単独で展示をしてみませんか?」
とお声がけがあり、今回の展示が実現したとのことです。

でも、実はそれ以前からもitsumoさんとふく蔵さんにはご縁が。
itsumoさんが主軸となって行われていた「にじのわまつり」でも、毎回ゲストミュージシャンにごちそうするお酒を、ふく蔵さんに提供いただいていたそうです。

「ふく蔵さんにはずーっとお世話になってきたので、嬉しい限り」とitsumoさん。

「今回は世界中から選りすぐりの道具や雑貨を集めてますので、老若男女みなさんに楽しんでいただけるといいなと思ってます。」

夏休みはお楽しみがいっぱいの、ふく蔵へ

ふく蔵さん1Fでは、地元加西市でとれた良質の米と、蔵の井戸水から汲み上げた自然水で醸された富久錦の純米酒を試飲したり購入できるSHOPコーナーがあります。
その他、こうじアイスや酒まんじゅう、豆かんなどのオリジナルおやついろいろ、本物の材料と手法でつくられた天然調味料、選りすぐりのセレクト食品なども販売も。

2Fのレストランでは、地産地消のこだわり食材・旬の食材がたっぷりな、ちょっと贅沢なランチをゆっくりいただくこともできます。
(お席の予約などについては、ふく蔵さんにご確認ください)

夏休みはお楽しみがいっぱいの、ふく蔵さんへ!

itsumo衣食住展 in ふく蔵

開催期間:
2017年7月19日 水曜日
〜 7月30日 日曜日

場所:
富久錦フラグシップショップ ふく蔵
1F ギャラリースペース
兵庫県加西市三口町1048
http://www.299.jp/

兵庫県加西市三口町1048

時間:
10:00 〜 18:00
※ふく蔵の営業時間に準じます。詳しくはふく蔵WEBをご確認ください。

公開日 : 2017-7-12
最新更新日 : 2017-7-12

関連していそうな記事