かきくけコラム :「イマハ、ドコデスカ?」15


imaha

毎週、てくてくひめじ界隈で得意な分野を持つ方々にコラムを書いていただくコーナー「かきくけコラム」。

「懐かしい未来」をキーワードに、豊かな暮らしや生き方を模索する、いまいみきさんのコラムです。

第15回目「大冒険のはじまり」

立春ですね。春の気配を感じる季節とはいえ、まだまだ寒い今日この頃。だけど、ふと庭の土たちに目をむけると、植物たちが次々と芽吹いていて・・・!それらをじっと眺める私。植物たちは、春の訪れを知らせてくれているんだなぁ。ありがたいなぁーと、今日も朝から自然界に叡智を教えてもらうのでした。

さて、コラム。「懐かしい未来」を想いながら、15回目を迎えました。そろそろネタ切れかも・・・と担当スタッフに弱音を話しながら、次はどんなことを書こうかと思い巡らせています。これまでは、わたしが旅先で感じたことなどを書いていたのですが、ここからのコラムでは、現状にたどりつくまでのことや、今の暮らしのこと等を徒然書こうと思います。どうぞ、ゆるりとお付き合いくださいませ。

暮らしを見直すきっかけ

長い旅から帰国したわたし。帰国当初、私たち夫婦は「懐かしい未来」とは程遠い、大阪のビル群に囲まれながら生活していました。自分が描いていた理想とする暮らしは、ラダックのように山々に囲まれて、きれいな水が流れて、動物たちの声が近くに感じることができて、日々のなかで土をいじって、自然と共に生きるあたたかい暮らし・・・

でも当時の暮らしは、忙しく都会で生きる暮らし。理想と現実の狭間で、モヤモヤする日々。毎日遅くまで仕事・仕事・仕事・・・でも食べていかなきゃいけないし仕方ないよ、夫も仕事あるし・・・と自分の心に言い聞かせながら互いに忙しく生きていました。しかし、旅先とのギャップや時間にも心にもゆとりのない暮らしは、だんだんとわたしの心を蝕んでいきました。

そしてあるとき、仕事が多忙の夫を眺めながらふと思ったのです。本来、生きるために仕事ってあるものなのに、仕事のために生きていると・・・。あぁ、このままじゃいかん!

大冒険のはじまり

とはいえ、今ある暮らしや仕事を180度転換させて、田舎暮らしをするの?移住するの?私たちは、悩みました。仕事はどうする?家は?暮らしは?考えだすと、問題山積み。不安は広がるばかり。だけど、このままじゃ何も変わらないよねと、未来への選択は、ゆっくりと動き始めました。はじめはあちこちの「田舎暮らし推進」のような場所に足を運んだり、実際に移住されている方たちにお話を伺ったり・・・そして、夫の転職先が決まると同時に、この姫路に引っ越してきました。

この選択は正しかったのか?姫路へやってきた当初、そんなことばかりをよく思ったことを覚えています。道なき道を歩く感覚。あたりを見渡して道があるのかないのか。どちらへ進んでも、そこは大冒険のはじまりなのでした。

隣人に畑を借り、全くの素人が畑に通い、土をいじる毎日。「無農薬で!」と思って挑んでも、簡単にできることなんて何ひとつなくて、失敗と試行錯誤を繰り返す日々。だけど、大地に足をつけて暮らしを営むようになったことで、気持ちにゆとりが生まれて。少しずつだけど、心を開ける友人ができて。都会の忙しさとは全く別物の忙しさを味わいながら、自分次第で暮らしは変化できるものなんやなぁと、感覚を研ぎ澄ませながら暮らしていました。

そんな中、ある催しで不思議な出逢いがありました。「ここ、知ってる?きっと好きだと思うよ」初対面にも関わらず、一枚のチラシをくれたお姉さん。チラシの地図をみて、あ、ここ家の近所や、初めて聞いたなぁ・・・と思いながら、わたしはポケットにそのチラシをしまうのでした。

さて、このチラシがわたしの運命を大きく動かすことになるとは、このときのわたしは知るはずもなかったのですが・・・この話のつづきは、次回。

文責:いまいみき
かつらぎ自然のまなび舎
HP:https://katsuragi-manabiya.jimdo.com/
ブログ:http://ameblo.jp/katuragimanabiya/

関連していそうな記事

公開日 : 2018-2-7
最新更新日 : 2018-2-6