かきくけコラム :「くらしとしごと」vol.12

毎週、てくてくひめじ界隈で得意な分野を持つ方々にコラムを書いていただくコーナー「かきくけコラム」。

かきくけコラム
みんなの「かきくけコラム」

毎月第3週目のコラム「くらしとしごと」。書いてくださるのは、神河町長谷でコワーキングスペースkajiyanoを運営する山口なおさんです。

第12回 くらしとしごと 「赤ちゃんとの暮らしが始まりました」(山口 奈央)

新型コロナウイルスの感染拡大予防に伴い、コワーキングスペースは2月下旬以降クローズ。kajiyanoで開催中の「くらしとしごと」のイベントも中止。そんな中での、待ちわびた出産。私の「くらしとしごと」の今を綴っていけたらと思います。

姫路の実家へ里帰り。

出産予定日は9月7日。体の不調が重なり、主人とヤギのメエちゃんのことが気がかりでしたが、早めに里帰りすることに。

結婚してから実家に1、2泊することはあっても、1ヶ月以上も滞在することはありませんでした。

初めの数日は、生活リズムが違うため(夕食がなんと17時!)、実家とはいえ落ち着かなく、コロナウイルスのこともあったので出歩くのも控えていました。とにかく手首が痛いので、家事ができず、本当に上げ膳据え膳の日々。とはいえ、出産したら何もできなくなると聞いていたので、溜まっていた経理処理、内祝いのギフト計画、米収穫後に詰める米袋のパッケージ制作など、産前にできることはなるべくやっておくようにしました。

実家での生活にも慣れ、美味しいお菓子を買って母と家でお茶をしたり、私の小さな頃のアルバムを見返したり・・・
そうこうして過ごしているうちに、気づけば予定日を超過していました。初産は遅れがち・・と聞いていましたが全く産まれてくる気配がない。産院でレントゲンを撮ってみると、赤ちゃんの頭が大きく、自然分娩では難しい状況に。母子の安全を優先に、帝王切開で出産することにしました。

そうして、去る9月16日に、無事長男・惠大(けいた)を出産しました!

長谷の自宅に帰ってきました。

10月半ば、久しぶりの長谷。

こちらに帰ってきたら山は紅葉を始めているし、夜になると冷えてくるのでストーブを焚いたりして、温度差に慣れるのに数日かかりました。

あんなに居心地よくなっていた実家でしたが、やっぱり自宅が落ち着く。1ヶ月半ぶりの我が家だったので、嬉しくて何度も深呼吸しました。

メエちゃんも覚えていてくれて、「メェー」と鳴いて迎えてくれました。

主人にとっては結婚以来はじめての一人暮らし。仕事に家事と走り回るように毎日フル稼働していたことを電話で聞いていましたが、どうやらわたしが帰ってきたことで、緊張の糸が切れたようす。帰宅初日にも関わらず、赤ちゃんのスペース作りなどに対してあまり協力的な姿勢に見えず、さっそく大げんか。

どんな風にするのがいいか話し合いたいのに・・・
お互いの気持ちがかみ合わず、ストレスが溜まって仕方ありませんでした。

以降、同じような気持ちになることはありましたが、いわゆるマタニティブルーの一種だったんだろうなと今は思います。

やっと産後3ヶ月が経ちました。

赤ちゃんって日中もっと寝ているものだと思っていましたが、寝てはすぐ起き、起きたらグズグズ。オムツを替えて、授乳して・・夜は2〜3時間ごとに起こされて・・。覚悟はしていましたが、赤ちゃんのお世話だけでいっぱいいっぱい。家事もままならない状態でしたが、2ヶ月を過ぎてある時からペースを掴めるように。夜もまとめて4〜5時間寝てくれるようになり、私も体が楽に。今では夕食時にamazonプライムでドラマを見たりもできるようになりました。

そして、12月16日でやっと3ヶ月!

首がすわりはじめ、可愛い笑顔を見せてくれるようになり、今とても育児が楽しいです。

育児は3歳までが特に大事だと言われます。赤ちゃんを中心に回る生活。家事も会社の手伝いもお出かけも思うようにいきませんが、子どもとまっすぐ向き合って、健やかに大きく育つようサポートするのが今の私の大きな仕事。
成長を目に焼き付けて、一日一日大切にして過ごしていけたらと思います。

文:山口なお
  @kajiyano
  @kajiyano/谷間の家さんきら
  https://kajiyano.ch/

あさのは商店

姫路生まれ・姫路そだち。姫路→大阪→徳島→姫路。
肌の弱い自分が必要なものを近くで買えるとうれしいなーと、肌にやさしい日用品「あさのは商店」をしています。
趣味は、ウクレレ・縫い物・言葉の観察など。

おすすめの記事