かきくけコラム :「くらしとしごと」vol.2


毎週、てくてくひめじ界隈で得意な分野を持つ方々にコラムを書いていただくコーナー「かきくけコラム」。

かきくけコラム

みんなの「かきくけコラム」

毎月第3週目のコラム「くらしとしごと」。書いてくださるのは、神河町長谷でコワーキングスペースkajiyanoを運営する山口なおさんです。

第2回 くらしとしごと 「結婚、そして2拠点生活」

毎月第2土曜日にコワーキングスペースkajiyanoで開催中の「くらしとしごと」のイベントレポートと次回の予定内容について書き綴っていきます。

4月のゲストは姫路で約10年にわたり「コミュニティスペース納屋工房」を運営されていた長谷川香里さん。結婚を機に姫路と名古屋との2拠点生活が始まりました。今までのこと、そしてこれからのことをお聞きしました。

前半:「コミュニティスペース納屋工房」時代 2008.4〜

長谷川さんは太子町生まれ。大学卒業後に大阪で就職してOL生活に。退職後、職業訓練所でデザインを学び、駅南でデザイン事務所を開設。2008年の春、姫路城前の大手前第一ビル4Fにコミュニティスペース「納屋工房」をオープンされました。

日本中から小冊子を集めた「紙FES」や「ひめじまちづくり喫茶」「百人の哲学」など、行政や教育機関、ローカル放送局なども巻き込み、伝説的な企画やイベントが生まれていきました。

(ちなみに私も2011年、東京から地元に帰ってきた時に納屋工房の存在を知り、タイ古式マッサージの練習イベントの企画をして数回利用させていただきました。また、週末BARや周年イベントの参加を通して世界が広がったことを思い出します。)

2018年2月、約10年続けてこられたコミュニティスペース納屋工房はクローズ。
名古屋在住のご主人との結婚を機に、2拠点生活が始まることになりました。

後半:2拠点生活の始まりと仕事の変化 2018.2〜

結婚後は、すこし仕事をセーブしながら名古屋と姫路を行き来して、名古屋の生活も大事に過ごされているようです。姫路での定期的なファシリテーションの仕事などもありスケジュール管理がきっと大変!どうやって調整しているのかお聞きすると、まずは名古屋に行く日を固定して、それから姫路の仕事を入れるようにしているそうです。

名古屋にいるときはなるべく、家の仕事を中心に。(パソコンで出来る仕事は名古屋でもされているそうです。)手作りの食事を集めたミニ冊子はどれも栄養満点でおいしそうなものばかりでした。

姫路ではすっかり有名人の長谷川さん。街に出れば誰かに出会うというのが常でした。しかし名古屋では誰も長谷川さんのことを知りません。新鮮でもあり、「自ら行動をしないと何も起こらない」ことに気づいたそうです。

「20代の、自分が定まっていない状態での結婚と違って、お互い40歳を超えての結婚は少し離れた2拠点生活がちょうどいい」とおっしゃっていたのは印象的でした。

ワークショップ:巡回アートプロジェクト「origami light作りワークショップ」

納屋工房という「場」は無くなりましたが、新しいコンセプトで納屋工房は続いています。「これまでにない、いろいろをつなぐデザイン」。10年培ってこられた経験や人脈を持つ長谷川さんだからこそ今まで繋がっていなかったものをつなぐことができる。場所がなくてもできること。いろんな場所でできること。持ち込めるコンテンツ・・・

じっくり温めてきた企画のひとつが、巡回アートプロジェクト「origami light」。小学校の頃、体が弱く、絵や折り紙をしながら過ごす時間が多かったという長谷川さん。小学校の時、先生にこの「origami light」の作り方を教えていただいたそうです。「いつか企画で使うことができたらなぁ」と構想を温め、昨年から活動開始。

今回のイベントの最後にも、折り紙のランプシェード作りワークショップを参加者の皆さんと一緒に体験させていただきました。今回はランプシェードのパーツを1人1つ作り、それを12枚重ねてひとつのランプシェードを作りました。

ひとつひとつの折り方を丁寧に教えていただきながらのワークショップ。あちこちで「待ってー!これ合ってる?」お隣と確認しあいながらワイワイ盛り上がり、出来上がったorigami lightに電気を灯すと参加者の皆さんから歓声が!

今回作ったものも加えて、5/5頃までkajiyanoで夜間ライトアップしています。ぜひ見に来てください。

長谷川さんは現在、仲間と立ち上げた法人「一般社団法人なないろめがね」の理事としても京都大学のプロジェクトにも着手中。今後の動きにも期待です!

●次回のお知らせ●#6 5/11(土)18:00〜20:00 初田源三さん「米作り60年。酒造りに挑戦。」

来月のゲストは、加西市在住・80才手前の超アクティブシニア農家・初田源三さん。自ら育てたこだわりの酒米でのオリジナル日本酒開発、国際認証取得など新しいことに次々とチャレンジされている初田さんのこれまで人生と未来を、お酒片手にお聞きします。

当日はアルコール提供につきJR寺前駅までの送迎も実施します。身ひとつで気軽にお越しください。

ひょうご酒米処 公式サイト
hyogo-rice.co.jp

くらしと、しごと。それぞれがどう関わり合い、人生の豊かさにつながっていくのか。ちょっと立ち止まって考えてみるひとときになれば幸いです。

文:山口なお
  @kajiyano
  @kajiyano/谷間の家さんきら
  https://kajiyano.ch/

公開日 : 2019-4-16
最新更新日 : 2019-4-16