兵庫のまんなか リゾートコワーキング「kajiyano カジヤノ」 神崎郡神河町



姫路から北へ北へ。
兵庫県の真ん中に位置する神河町、砥峰高原の麓に位置する長谷に、コワーキングスペース 「kajiyano(カジヤノ)」さんがあります。

コワーキング(coworking、co-working)とは

事務所スペース、会議室、打ち合わせスペースなどを共有しながら独立した仕事を行う共働ワークスタイルを指す。
シェアオフィスやレンタルオフィスとは異なり、実務を行う場所が個室ではなく図書館のようなオープンスペースとなっている。

※Wikipediaより引用

複数の方が働きながらスペースを共有するスタイルです。

wifiが使える、プリンタが使える(設備はスペースより異なります)などの設備環境の利点もありますが、いろいろな業種の方が集まり、孤立しがちなフリーランスの方々の情報交換の場であったり、新たな交流が生まれたりと、刺激を受け相乗効果を得ることも。
今も世界中に増え続けています。

神河町への移住

リゾートコワーキングkajiyanoさんを運営するのは、姫路出身の山口貴士さん、奈央さんご夫婦。

元々は奈央さんのお祖母さま宅であり、お母さまが育った土地です。
築160年超の母屋と同じ敷地内にある、以前は下宿としても利用されていた空き小屋。

30年ほど未使用となっていたこちらの物件をリノベーションし、2016年12月にOPENされました。

今現在のリゾートコワーキング kajiyanoさん

姫路の市街地出身のお二人は高校時代に音楽を通じて出会い、その後お二人それぞれに東京に進学、のちに兵庫で再会されます。

ひと足先に帰郷していた奈央さんは、姫路の実家に暮らしながら、空き家になっていた長谷の邸宅の離れで完全予約制リラクゼーションサロン「谷間の家さんきら」を営んでいました。

結婚を機に、二人で長谷に移住し、「この豊かな自然環境の中で、自分たちらしく暮らしたい」と新しい生活をスタート。
別世界のような村の生活に戸惑いつつも、二人で畑と田んぼもはじめ、移住2年目には貴士さんが姫路駅前に事務所を設立するなど生活のスタイルは少しずつ変化していきます。

貴士さんはクライアントと会う時以外は長谷の自宅で仕事をする時間が徐々に増え、奈央さんは山で野草や山菜を摘んだり、収穫した野菜や米などで旬のものを長く楽しむために、加工品にする手仕事の時間が増えていきました。

リノベーション前の空き小屋 (現 リゾートコワーキング kajiyanoさん) ※kajiyano提供

生活を続けていくうちに、貴士さんは自分のメインの事務所が、奈央さんは加工品などをつくる工房がここにあったらいいな、と考えるように。

母屋は住居用に改修していましたが、敷地の中に当時まだ手付かずの空き小屋がありました。

この場所をリノベーションして、お二人の夢を叶えるとともに、自分たちだけの場所ではなく、他の方も使うことができるスペースにという思いから、いくつかの案の中で最終的にコワーキングスペース「kajiyano」が誕生。

kajiyano誕生までの物語は、こちらで詳しく語られています。

公開日 : 2018-9-3
最新更新日 : 2018-9-4

関連していそうな記事